【洒落怖】北海道の廃村にある病院。異様なのは立地条件の矛盾である。 林の中にその病院はあり、車では病院の前まで入る事はできない。 救急車が近寄れない病院…  後で読む
 【洒落怖】祖父が中国に攻め込んだときの話だが、ある日、祖父の部隊で、偵察に出ていた兵士数人が帰ってこないことがあった。 祖父達が捜索に出たところ、ある村の入口付近にあった柿の木に、いなくなった兵士達  後で読む
 【洒落怖】『あんた危ないわよ!?確かに旅館は近いけど、お通夜の日に夜中歩くなんて普通の人でも危ないのにあんた大丈夫なの!?』  後で読む
 【洒落怖】北海道の強烈な廃村「文の村(ふみのむら)」にある文の家。 独りっ子の少年と両親、祖母が住んで居た。 後にその独りっ子の少年は包丁で家族全員を惨殺してしまうという事件を起こす  後で読む
 【洒落怖】昼寝するときに「ママは来ちゃ駄目!」と子供が言うようになった。 「なんで?」と聞いたら、「ママ寝てるとき怖いこといっぱいあるから、ママは起きてないと駄目!」 と言われて、自分で毛布を用意  後で読む
 【洒落怖】「うちの犬が毎日昼の決まった時間になると狂ったように吠えて、ご近所に肩身が狭い」犬の奇妙な行動は続いたらしく、少し恐くなった嫁さんは昼時には家をあけるようになった。  後で読む
 【洒落怖】ファミコンの某有名RPGを中古で買ったら、セーブデータが残ってた。消さずに別データでゲームを進行していたのだが、俺のセーブデータが消えてしまい…  後で読む
 【洒落怖】友達が神妙な顔で話しかけてきた。「変なモノが撮れたんだ・・・」さっそく見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、中々その写真を見せてくれようとしません。  後で読む

 【洒落怖】トラック運転手をやってた頃の話。トラック内の寝台で寝てたら、荷台から、ドンドンドンッ!って壁を叩く音が聞こえたんです。  後で読む
 【閲覧注意】グロ動画ばかり見てる奴wwwww  後で読む
 【洒落怖】登山中、前方から人が歩いてきた。 お辞儀して過ぎ去ろうとしたらおじさんのはっきりした声で「この先は行かないほうがいい」って言われた。  後で読む
 【洒落怖】俺が4歳になった頃。 昼間トイレに1人でいって、ふと顔を上げて窓を見ると角が生えた鬼に似た人影を見かけて、あわてて母親に泣きながら言いに行った。  後で読む
 【韓国の反応】韓国人「いっそ日本が建設してくれた鉄道も破壊したら?」  後で読む
 【洒落怖】かわいがっていた亀が死んでしまった。亡骸を見つめながら、ふと亀の甲羅の中はどうなっているのだろうと思いました。 気がつくと、私は横に置いていたスコップを強く握り締め、大きく振りかぶっていま  後で読む
 【怖い話 実話 恐ろしい話】その人は普通に霊が見える人らしい。 短編  後で読む
 【洒落怖】学生のとき襖や窓の隙間を異常に嫌う友達がいて、絶対にきっちり閉めてた。 「隙間からね、誰かの手が見える。隙間があるとあれが来るから…」  後で読む
 【悲報】怪談やオカルトネタ、もう流行らない  後で読む
 【洒落怖】最寄り駅から線路添いを歩いてたら、踏切から約20M先のフェンスの内側にオッサンを見かけた。 そのオッサンはレールを見つめたまま、俯いてつっ立ってた。  後で読む
 【洒落怖】私の弟は睡眠中無意識に歩き回る、いわゆる『夢遊病』患者でした。 3,4日に1度は夜中にむくりと起きだし、 とっくに終わっているはずのテレビの電源をつけて、砂の嵐を無心にじっとみつめています。  後で読む
 【怖い話 実話 ほんのりと怖い話】5歳ぐらいの頃の事だと思います。 長編  後で読む
 【洒落怖】北海道の廃村にある病院。異様なのは立地条件の矛盾である。 林の中にその病院はあり、車では病院の前まで入る事はできない。 救急車が近寄れない病院…  後で読む
 【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】ふと気付くと見知らぬ場所に立っていた 短編  後で読む