【洒落怖】開けた道を進むうちに、崩れかけた廃屋が見えてきた。 ホッと一息ついていると、奇妙な物が目に入った。  後で読む
 【洒落怖】冬場に仕事で遠出した時のこと。 山中の裏道を走っていたのだが、ふと喉の渇きを覚えた。  後で読む
 【洒落怖】子供の頃、実家の裏山で不気味な物を見たのだという。 普段足を踏み入れない森の奥に、何かぶらぶら揺れる黒い影が見えた。  後で読む
 【洒落怖】開けた道を進むうちに、崩れかけた廃屋が見えてきた。 ホッと一息ついていると、奇妙な物が目に入った。  後で読む
 【洒落怖】「あなたは嘘吐き?」 いきなり後ろから声がかけられた。 驚いて振り返るが、闇に沈み始めている森の中には何も見えない。  後で読む
 【洒落怖】彼女とSkypeで通話していた時に、 彼女の声と混ざって、雑音が聞こえてきたらしい。  後で読む