【笑える霊体験】ドライブ好きな俺は夜に山の方へ一人で走りに出かけた。川原に車を停め寝ていると窓をバンバン叩くたくさんの手が見えた。  後で読む
 【洒落怖】登山の途中、登山者用の温泉場に立ち寄ったら全裸の女性が坐っていた。もう全身総毛だちました。 こんな所に人がいるわけないからです。  後で読む
 【洒落怖】嫌いな先輩を山小屋に置いてけぼりにした。夜が明けて、小屋に戻ると凄惨な光景が広がっていた。ぬめぬめする…  後で読む
 【笑える霊体験】ある日、犬がタンスとタンスの隙間を見てガクブルし始めた。覗いても何もないのに犬は「くぅ〜ん」と困った顔して俺を見る。  後で読む
 【洒落怖】人間というものは、生きざまが身体に出てくるということがあります。「人を殺めたもんにはこういうのが出てくる。戦争の時に出来たが、まだ消えへん」  後で読む
 【洒落怖】従兄弟「一緒に遊びたい。今度どこかに行こう」Y「・・・・この従兄弟、死んでなかったっけ?  後で読む
 【怖い話】人身事故があって、アナウンスする車掌がかなり慌てていた。失笑する人もいたが、様子が変わった車掌のアナウンスが最悪だった。『轢かれたのは女性の様で、ただ今線路の下の“死体”を調べています関係上  後で読む
 【人形】知人にもらった韓国製のパチもんドールを裸で放置→その夜から激しい腹痛が・・・  後で読む

 【洒落怖】「死相」という言葉がある。非科学的なことは認めたくないが、俺は防犯カメラが大嫌いになった  後で読む
 【笑える霊体験】ドライブ好きな俺は夜に山の方へ一人で走りに出かけた。川原に車を停め寝ていると窓をバンバン叩くたくさんの手が見えた。  後で読む
 【洒落怖】八ヶ岳の山小屋で休憩しようと思い中に入ると、6人ほど横になって仮眠を取っているようだった。 なかは古いランタンが1つついてるだけでとても薄暗かった。  後で読む
 【洒落怖】人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くらいの確率で。  後で読む
 【洒落怖】猟師が冬場の山に入り、山中で猿に似た獣を撃ったそうです。 それは猿より大きく、やせた熊に見えたそうです。 逃げ出したそいつを連れていた犬が追いかけ…  後で読む
 【怖い話】「君 が生まれる20年以上前のことだよ。この場所で轢死体が発見される事件があったんだ。それが当時の国鉄総裁の下山さんという人で、自殺なのか他殺なのか、 その真相は今もって闇の中なんだな」  後で読む
 【怖い話】森の中で急に「ガゴン」っていう変な音がして電車が緩やかに止まった。、「原因究明のため、車掌が外に出ます」っていうアナウンスが流れて…  後で読む
 【怖い話】妖精を見た・・・気がする。大学行くときに電車を待っていて、ホームの椅子に座っていたらexerciseみたいな動きをする子供(小学生位)が突然俺の前に現れた  後で読む
 【洒落怖】この手の冷たさは、気温のせいか? ずっと肌寒いのは何故だ?お前は自分が生きていると、本当に言い切れるのか・・・?  後で読む
 【洒落怖】視界の端に何かが写り、目を凝らして見ると、岩陰に二足の草鞋が。 それも踵もしっかりと包み込み、足首で縛るタイプのしっかりした草鞋で、大きいのと 中くらいのがそれぞれ一足づつ、きちんと並べ  後で読む
 【怖い話】見てしまったのです。こちらをにやつきながら睨む若い男の姿を。彼の頭は禿げており、暗赤色のスーツを着込んでいました。 私はもう八王子には行けません。  後で読む
 【洒落怖】祖父の故郷の漁村には、沖合に沈没した潜水艦があるという話があった。GQHの調査官の通訳が「潜水艦の中から物を叩く音が聞こえてきた」と言う  後で読む
 【怖い話】分かりにくい文章で申し訳ありません。 ただ怖くて誰かに話を聞いて欲しくて、ココに書き込みました。 もう電車に乗りたくないです。  後で読む
 【怖い話】「何人くらい?」 「うーん、7人でいいよ」 「全部で13人だよ」 「じゃあ、9人?」 子供達が何かいらずらの相談をしているのだと なんとなく分かった。  後で読む