【洒落怖】祖父母の家の二階には物置部屋があり、その部屋の奥に錠前がかけられた高さ1メートル程の小さな扉があった。かくれんぼ中にその扉の前を見ると・・・  後で読む
 【怖い話】1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。  後で読む
 【洒落怖】霊能者から貰った「氣の入った塩」をラーメンに入れて食べたら突然体の中で太陽があがるような感覚があって、体中が冴え渡る感じがした。  後で読む
 【怖い話】風邪をひいたらしく寒気がするので、東京の大久保にある病院へ向かった。頭がぐわんぐわんと痛み、西武新宿線のつり革にしがみつくようにして、目を閉じて必死に耐えていた・・・・・・そこで記憶が途絶え  後で読む
 【洒落怖】俺には5歳の息子がいる。 ただ、その子は病気で、口がきけない。 病気と言っても、幼稚園でのケンカが原因の心因性のもので、本当は言葉をしゃべれるはずなんだ。  後で読む
 【怖い話】合宿教習で地方へ行った時、ボロボロの寮に案内された  後で読む
 【怖い話】わけあって田舎に引っ越して来ました。田舎だから頑張って挨拶してたら一人マジモンの精神障害者がいた。  後で読む
 【怖い話】八尺様を閉じ込めた  後で読む

 【洒落怖】女生徒の一人がエンジェル様を怒らせた理由を話し始めた。 ずーっとエンジェル様の呪いに4人は悩まされているという。  後で読む
 【洒落怖】漁村では、近くに人口稠密地域が無いと、それほど水死体は上がりません。 それでも、たまには水死体が海岸に打ち上げられたり、網にかかったりします。  後で読む
 【洒落怖】 ある女性はこれまで数人の男性と付き合っていたのだが、 その全員が交際中に事故や病死などで亡くなっていた。  後で読む
 【洒落怖】「お肉とお野菜どっちが好きかえ?急に来られたから今晩は良いものを用意できなくてねぇ・・・  せめて明日の朝くらいは、もてなさせておくれ」  後で読む
 【怖い話】ある日のこと、ビルのオーナーからテナントの経営者が夜逃げしたから荷物を片付ける見積もりをして欲しいといわれた。  後で読む
 【洒落怖】とある雑誌で「マブイ」ってのが紹介されてたものを読んだ。誰もが持っている「魂や感情のカタマリの一部」のようなもの  後で読む
 【洒落怖】満月の夜は魚が食い渋るものだが、その日は頻繁に強いあたりが来た。変だな・・・ 何度か肩透かしを食らいながらもめげずに仕掛けを振り込んだ  後で読む
 【洒落怖】バンドのライブにお客に混じって、ヘンなおばさんがいたんだ。 黒いボサボサの長髪で顔色の悪い、眼の下に大きなクマを作った、口をヘの字に曲げた_  後で読む